本文へスキップ

「生きる元気」のもらえるお寺 Honryuji-temple

葬儀情報funeral

葬儀とは

「葬儀」の「葬」は葬送のことで、お亡くなりになった方を送ること
「葬儀」の「儀」は儀礼のことで、お世話になった方にお礼を言うこと
つまり葬儀とは、故人が生きている間に
お世話になったり一緒に苦労したり、楽しかったり迷惑をかけたり
人生をともに歩んできた方々に集まっていただき
故人がお礼を言う儀式のことです

昨今の、家族だけの葬儀や、亡くなったことさえ知らせない風潮は
やはり本来ではないといえます

また、通夜・葬儀に参列される方々は
故人の人生を語れる人であり、会場は故人の人生の縮図になります
通夜・葬儀はお別れの儀式ではありますが
参列者の言葉や涙を通した、故人との出会いの場でもあるのです

葬儀には、家族・親戚・一統・近所・職場など
なるべく多くの方々に関わっていただくことが
故人への最大のご供養になると考えます


新本堂で葬儀が出来るようになりました  




















新本堂完成に伴い、葬儀会場として本堂を広く利用して頂けるようになりました

一般でいう祭壇は用いません
浄土真宗の本堂荘厳の厳粛さを生かし
本来のお飾りである野卓〔机+三具足+お華束〕と
六丁〔6本の灯火〕をご用意しました
祭壇を使わないので格段に費用が抑えられ
且つ伝統的で厳かな雰囲気の中で通夜・葬儀が行えます

◎会場使用料 50,000円
 ※本龍寺檀家の場合
 ※本堂〔通夜・葬儀〕と 同朋会館〔休憩・お食事・宿泊〕と祭壇にあたる荘厳一式の使用すべて
 ※通夜から葬儀・還骨勤行〈初七日〉まで
 ※参考〔安城市総合斎苑の場合〕 洋式場 約6.4万円〈含待合室等〉+祭壇費 約30万円〈安城市平均〉
 ※御布施〈導師・役僧〉や葬儀社への支払い〈お棺・枕飾り一式・霊柩車・食事など〉は別途です
 ※和泉町内の他檀家の方、町外の一般の方も使用できますが
  葬儀には本龍寺住職もしくはそれと同等の真宗大谷派僧侶がお立ち会いをします
 ※和泉町内の他檀家の方の使用料は70,000円、町外の一般の方の使用料は100,000円です

◎協力葬儀社…梅本葬祭 TEL.0566-74-2235
       四生堂 TEL.0566-76-2575
       JA葬祭〈JAあいち中央〉 TEL.0566-74-1330
       イズモ葬祭〈安城 貴賓館〉 TEL.0566-79-0011

                    『本堂葬儀のご案内』 2019.01.10更新  
                    『葬儀の勤め方』Ver6.0 2018.1.25更新


和泉の本龍寺

〒444-1221
愛知県安城市和泉町中本郷41

TEL 0566-92-0505
FAX 0566-92-5212
honryuji@poplar.ocn.ne.jp