本文へスキップ

「生きる元気」のもらえるお寺 Honryuji-temple

活動報告report

春季彼岸会2017・永代祠堂法要  03.19〜20  

春のお彼岸です
現役の同朋婦人会さんにとって
3回目の彼岸会になりますが
本堂のないお彼岸は
初めてです
本膳料理の代わりに
お弁当パック詰めの
お料理を作るのは
昨年12月の
報恩講に続いて
2回目ですが
報恩講は
4日間で
お弁当350膳+板流し80名
今回のお彼岸は
2日間で
お弁当300膳+板流し80名 
会長の
沓名政子さんを
中心に
メンバー18名が
一致団結して
張り切って下さいました
お斎会場は
お庫裡
もしくは
同朋会館や境内
お持ち帰りになる方も
あります 
同朋婦人会OGの
恵信尼会の皆さんの
おはぎ作り
永代法名軸は
現在6幅
約3,000名の方の
法名をお預かり
しています
初めて
同朋会館に
荘厳されました
受付開始
お庫裡の玄関
暖炉の間で
行いました
町内の
各組から選出された
世話方さん同行さん
21名と
寺役さんが
担当します
境内では
お抹茶接待開始
テントを
4面張って
特設の
野点会場です
正信会さん
廿日会さん
恵信尼会さん
みどりの会さん
根育ての会さん
  お灸を楽しむ会さん
自然食料理教室さんが
それぞれの部署で
担当して下さいました
本堂は
ありませんが
みんなが
知恵を出し合って
今までと
何一つ変わらない
仏事を作り上げました
永代祠堂法要開始
この春から
京都の大谷大学 大学院
博士課程に学ぶ
長男も参勤
本龍寺 副住職に
なりました
お紐解き法要が
仏説阿弥陀経
永代祠堂法要1日目が
仏説無量寿経
永代祠堂法要2日目が
仏説観無量寿経
春季彼岸会で
浄土三部経を
勤めます
全員お焼香
その後
正信偈を
唱和しました
本龍寺合唱団による
仏教讃歌
新曲の
お披露目がありました
初日のご法話は
高山市真蓮寺住職
三島多聞先生
三島節が
炸裂しました
本堂建設委員会の
沓名昭二委員長さんから
建設募財に目途がついたことと
無事に基礎工事が始まったことの
御礼のご挨拶
お斎の様子
お寺で賑やかに
お食事される光景は
いつも通りですが
お弁当にしたことで
家で待っている
お年寄りの方とかへ
お土産が出来たと
喜ばれる声も
「お斎券」も
採用したりして
アイデアを
出し合って
運営しました
2日目が
始まりました
法要開始
合唱団も
元気です
2日目のご法話は
野寺町本證寺前住職
小山正文先生
本願寺12代目の
「譲状」について
 2日目はいつも
町外の方の
参詣が多くなります
お抹茶もご法話もお斎も
笑顔で
堪能していただきました
裏方では
片付け開始
全ての行事が
完結して
板流し
スタッフ総勢
約80名
遅くまで
盛り上がったのでした
期間中
ずっとお天気だったことも
ありがたかったですが
関わったすべての方が
楽しそうに元気に
みんなで作り上げる
仏事が出来たことが
何よりありがたい
春のお彼岸でした

和泉の本龍寺

〒444-1221
愛知県安城市和泉町中本郷41

TEL 0566-92-0505
FAX 0566-92-5212
honryuji@poplar.ocn.ne.jp