本文へスキップ

「生きる元気」のもらえるお寺 Honryuji-temple

活動報告report

秋の法話会2016=東城百合子師講演会  10.28  

今年も
東城百合子先生をお迎えして
秋の法話会が勤まります
本年で
27年目になります 
 和泉町の田んぼから
開花寸前の背高泡立草を
採取して洗って干す
準備から始まりました
天日と日陰で
充分に乾かして
細かく刻んで
ビニール詰めします
スタッフの
最終打合会
本堂建設事業のため
本堂のない状況で
初めての大型行事開催なので
みんなで知恵を
出し合いました
本龍寺の
各法話会メンバーが
それぞれ担当を担って
総力で参加者を
お迎えします
自然食 料理教室の
皆さん
開催当日
全員7時00分集合
右は
駐車場誘導係
今年は
本堂が使えないので
和泉町外からの参加申込みは
先着100名に限定させて
いただきました
その関係で
昨年250食作った自然食のお弁当を
今年は200食にしました
結果的にこれは大誤算で
40食ほど数が足りませんでした
参加者には
まず境内で
手作りおはぎとお抹茶の
ご接待から
籾殻を使った焼き芋は
住職担当
下は
お抹茶係
200以上もテキパキと
点てていました
別テントの
自然療法や自然食関連の
グッズ販売コーナー
会場に入られた
参加者全員に
ごぼう味噌を出す
スタッフ
いよいよ開会
司会の
同朋婦人会会計の
沓名令子さん
同朋婦人会会長の
沓名政子さん
あいさつ
まず初めに
「あなたと健康社」社長の
五来純さんのお話
同朋会館の障子も襖も
全部取り払って
廊下に座布団や椅子を並べたら
総勢240名の参加者が
とにかくきちんと
入りました
東城百合子先生の
ご講話
2日前に91歳にならた先生
約2時間
立ちっぱなしでの
熱弁でした
小さいお子さんの
プレイスペース
下は
サツマイモ投入の準備
昼食タイム
スタッフは
足りないお弁当を
分け合って
何とかしのぎました
東城先生と
本龍寺の
前坊守・坊守
先生は体調を考慮され
午前のみで東京へ
お帰りになられました
午後の部
初めは体験発表
お灸を楽しむ会に通って下さる
豊田市の近藤誠一さん
下は
和泉町の兵藤セツ子さん
続いて
仏教賛歌を楽しむ会と
同朋婦人会コラボで
うたの披露
「十方微塵世界の」と
「なんまんだぶつの子守歌」
ピアノは
音楽家で町内の
秋田千夏さん
いよいよ
自然療法の実践教室
トップバッターは
お灸を楽しむ会による
ビワの葉温灸の
デモンストレーション
スマホで
動画撮影される
参加者も
次は
恵信尼会Tによる
こんにゃく温湿布の
実演
自然療法は
実際にやってみないと
分からないことが
たくさんあるので
参加者は実に熱心に
メモを取っておられました
最も若い世代の法話会
根育ての会による
豆腐パスターの
実演
みどりの会による
ビワ葉エキスの作り方
最後は
坊守による
背高泡立ち草についての
説明と
質疑応答
土岐市の
林民平さんの
体験談
スタッフ反省会
とにかく
東城百合子先生が
実際にお見えになって
法話会が出来たことが
本当に
ありがたく思いました
そして
本堂完成までの約2年間
多くの方をお迎えする
ノウハウが蓄積できたことも
ありがたかったです
関係して下さった
すべての方に
感謝申し上げます


和泉の本龍寺

〒444-1221
愛知県安城市和泉町中本郷41

TEL 0566-92-0505
FAX 0566-92-5212
honryuji@poplar.ocn.ne.jp